ピアノ搬出。

変なお天気・・・だったみたいだけれど、
私は一雨も当たらなかったラッキーな日。
17719E9A-D1BC-49E0-9095-6932DBBAD484.jpeg


今日は亡き平田小百合先生の使っていらしたピアノを搬出する日。
ということで見届けに行ってきました。

何度かピアノの引っ越しには立ち会ってますが、
いかんせん私自身が今まで住んでいたマンションや部屋は狭く、
ろくに移動の様子を見ることができなかったので
今日はじっくり、見させていただきました(邪魔者?(笑))

B323BFD1-CCEF-4320-8BBC-A4B823C9A415.jpeg



毎回、びっくりの瞬間の一つは脚を外した時。
2CE1CF7A-8159-4DA2-8332-B9551BB2D059.jpeg     


運び出すときに、3本の脚と、ペダルの部分を外していくんですが、
結構大丈夫かな?と心配する瞬間(^^;
しかも、今回はしばらく温度・湿度のコントロールがされていない部屋に
置きっぱなしだったので、
湿気の影響を受けていて、
脚がすっと抜けなかった模様。
バキッとすごい音がしたので、折れた?とびっくりしましたが、
貼りついていただけとのことで安心しました。

お布団etc.にくるまれて、無事にお部屋を出て。
A0B18C0A-7D35-4ACC-B44C-C51723F119DF.jpeg

19162CB1-9AAB-4D44-BFEF-5C4E95EEDF71.jpeg



それよりも大変そうだったのが、
エレベーターに乗せるとき&おろすとき。
5A728038-B972-4C54-BAFB-D8588BBDDC60.jpeg
81150B9A-9F85-494B-AC54-A6DAEDFD172C.jpeg

882F6023-88B8-4DA3-BB0A-43675A705933.jpeg

ちょっと大きめのピアノのため
一度途中まで乗せてから立てる、というのが大変そうで・・
時間がかかってるからか、重量オーバーからか、
エレベーターのブザー音が何度も鳴り響いたりして
見ている方もハラハラ(^^;

でもなんとか、4人がかりで出してくださいました。
先生宅の前の道路が狭いので、
大通りに止めていたトラックまで、
さらに人力で運んで行かれました。
7170F889-0786-47DE-9049-09C5A7E4B409.jpeg


というわけで、空っぽになった先生のお部屋。
2EF71E17-CD38-4395-850B-EEA2B0928543.jpeg


兵どもが・・のような感じで何とも言えない気持ちでした。


見ているだけで力が入っていたのか、私もつかれたので??
帰りに栄養補給(笑)
AEE0ED94-59DE-4D6D-83D8-CBBB52A1F85D.jpeg




とりあえず、無事に搬出できて、ホッとしました。
ほんとに、ピアノを運んでくださる方たちには、
感謝、感謝としか言えません。
家財道具よりも下手したら重いですもんね・・

350㎏くらいあるピアノを、半分くらいは人力で担いだりして
移動してくださるんですよ。
その力持ち振り??に毎回びっくりです。

ありがとうございました!

D6001B70-7BDD-4B02-9510-BC38B0FD42D0.jpeg



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
↑何もしていないのに、やり切ったような爽快感を感じてしまった私に、応援クリックお願いいたします!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック