Die Lotosblume

いつも愛用しているiPhoneアプリのメトロノーム。
季節ごとに色が変わったりするのですが。
今日開いたら、テーマが”蓮の花”となっていました。

7CC899F0-1213-4232-B6D2-6341ACD271B5.jpeg

なんとなく・・・私の、蓮のイメージからすると
ちょっと緑が濃い気がするのですが・・これはこれで。
なんとなく季節を感じられるので良し。
・・・と思ってメトロノームを眺めているので
練習が中断するのです(笑)


私の中の蓮の花は、
確かに緑の大きな葉っぱは色濃いけれど、
その中にぽっと浮かぶような、ピンクの・・・
それも透けているように見える淡い感じがイメージでした。

数年前に不忍池で撮ったもの↓
1C328F7B-DA40-4185-8515-0B9417026609.jpeg

98E44E49-231A-4213-85BC-3995D8FCCFD2.jpeg      


もしくは、真っ白な・・どこかで、ヨーロッパの何かのデザインに
組み込まれていたのは、、真っ白な、もしかして睡蓮かな?
蓮と睡蓮の違いがイマイチわからないんですが(笑)
(→こちらに書かれていました→https://horti.jp/2636)


シューマンの”ミルテの花”という歌曲集の7曲目に
Die Lotosblume (はすの花)という、有名な歌曲があります。
リートではいわゆる定番曲の一つかもしれません。

(→https://youtu.be/VjQUqL7Rx28

楽譜にして2ページという、小さな作品ですが、
とても美しい曲です。

歌詞の内容は・・ネット上にいくらでも上がっているので調べていただくとして。
(不親切(笑))
はすの花が恋い焦がれる月の光を浴びて花開き、恋に身を震わせる、
そんな様子を音にしている作品です。

この曲を最初に聞いた時も、
大きい花ではあるけれど、
やはり純白と言うか、清純な・・・
白や淡い感じを思っていたのですが、
でも、月とはすの花の関係を、男女に例えた解釈なども見ると、
あながち清純でもないのかなぁ・・と思ってた(笑)時に知ったのが、

Lotosbulume は はすの花ではなく、
”夜咲き睡蓮(熱帯睡蓮)”のことである可能性がある
ということ。
確かに私の知っているはすは、朝咲いて暗くなると閉じますけど、
この曲では夜に花開くことになってます。

夜咲き睡蓮って、実際に見たことないんですが、
思ったより、ずっとエキゾチックというか、
色といい、形といい、強い感じなんですよね。
https://lovegreen.net/library/hydrophyte/p238144/

私のこの曲に対するイメージとはちょっと違って
かなりびっくりしたんですが。
この詩を作ったハイネが、はすと睡蓮の違いを知ってはいたけれど
芸術的解釈として書いたのではないか、
という考えもあるらしいので、
想像上の、たおやかな花のイメージでいいのかなぁと
勝手に解釈しています(笑)



そんなことを妄想していた午後でした(笑)

蓮の花、見に行きたいなぁ・・
どこか行きたいなぁ・・
今日みたいな暑い日は勘弁だけど。

lotosblume.jpg



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へ
にほんブログ村
→妄想ばかりで片付けがちっとも進まない私に、応援クリックお願いいたします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック