気分を上げて。

暑さにめげそうになりましたが 自宅レッスンのあと、 午後から都内へ意を決して繰り出しました(笑) 行ったのは二期会のドイツ歌曲研究会の例会。    今日はピアノの子安ゆかり先生の講義だったので 弾くこともなく久しぶりの聴講。 テーマはリートをやるには避けては通れない シューマンの”女の愛と生涯”でした。 私自身も何度も弾いていますが、 毎度、新たに発見があったり、考えたりの連続。 今日もそんな色んな発見がある講義でした。 この曲集、曲は好きですが・・・ 内容は女性には不人気だったりします(笑) 詩人のシャミッソー(男性)が文字通り、 ある女性の半生を女性視点で書いているのですが その時代の男性の理想の女性像を描いたかのように書いてあるので 現代女性には共感しにくいところがあるのは確か(^^; 今日もほかの方とそんな話になりました(笑) それでも素晴らしいと思わせる曲を作ったシューマンがすごい、 ってことで(笑) 演奏するときは共感しようと、できなかろうと、 女優になるしかないのね、と折り合いをつけている私(笑) でもやっぱり大好きな曲だから、ちゃんと納得のいく演奏がしたいんだけどなぁ・・ まだまだ勉強。 いつになるやら(^^; 後奏が、本当に思った通り弾けたら、わたし、もう死んでもいいです(笑) ちなみに、今日の会場で、大学時代の同級生ソプラノちゃんと 偶然の再会!! 卒業後数年してか…

続きを読む